沖縄・多良間島の黒糖を使用したラム『KOHAMA ISLAND RUM』発売のお知らせ

瑞穂酒造(沖縄県那覇市 代表取締役 玉那覇美佐子)が主宰する、170年に渡り積み重ねてきた泡盛づくりの技術を再構築し、沖縄のさとうきびを主原料とした「ラム」をつくるプロジェクトチーム「ONERUM(ワンラム)」は、第6弾商品として、多良間島の黒糖を使用したラム「TARAMA ISLAND RUM(タラマ アイランドラム)」を開発。2022年11月15日(火)より全国の取引先にて随時発売します。初回800本限定でリリース予定です。

瑞穂酒造は、170年余の歴史の中で、先人から受け継がれてきたフロンティアスピリッツのもと、人、自然、微生物と共生しながら、沖縄だからこそ、瑞穂酒造だからこそできる酒造りに、積極的にチャレンジしてまいりました。
「ONERUM」は、170年に渡り積み重ねてきた泡盛づくりの技術を再構築し、伝統的素材のさとうきびを主原料としたラムをつくることで「さとうきびで沖縄にさらなる熱気を」もたらすラムづくりプロジェクトです。
その取り組みのひとつであるSingle Island Series(シングルアイランドシリーズ)では、離島8島でつくられている黒糖を使用し、各島の風土や生産方法の違いから生まれる黒糖の個性を引き出したラムを開発します。

シリーズ第6弾となる「TARAMA ISLAND RUM」は、石垣島と宮古島の中心に位置する「多良間島」の黒糖をふんだんに使用した贅沢な造りのラムで、島の魅力をラベルデザインで表現しました。
蒸溜廃液(ダンダー)を発酵工程に再利用するダンダー仕込みを改良し、実施した世界的にも珍しいラムで、このサスティナブルな製法により、フルーティーな香味が醸し出されました。
その香りからは、バナナや桃、ライチなどの圧倒的なフルーツ香や、ヨーグルト、焼き菓子の様な甘香ばしさが感じられ、豊かな香りに包まれます。
楽しみ方としては、シンプルにストレートやロック、ソーダ割やトニック割でも美味しくいただけます。代表的なラムカクテルであるダイキリでは、甘味と酸味が心地よく、フルーティーな香味が際立つほか、ほのかに搾りたてのさとうきびジュースの様なニュアンスも、感じられます。是非お好きなラムカクテルでお楽しみください。

多良間島に由来した香りや味わいを自由にお楽しみください。

商品情報

TARAMA ISLAND RUM
シリーズ名:Single Island Series
商品名:TARAMA ISLAND RUM
発売日:2022年11月15日(火)より全国発売
取扱店舗:瑞穂酒造株式会社、LIQUID、その他各酒販店にて
原材料名:黒糖(沖縄県産)
酵母:沖縄県本部町の桜の花から分離したさくら酵母
アルコール分:41%
内容量:500 ml
価格:¥3,630(税込)
生産本数:800本 / 1st batch
アートディレクション&デザイン:BOOTLEG
イラスト(ラベル):千海博美
クリエイティブディレクション:LIQUID
製造者:瑞穂酒造株式会社
Instagram:https://www.instagram.com/onerum.okinawa/
商品ページ:https://onerum.jp/product/tarama-island-rum/

販売ページはこちら
TARAMA ISLAND RUM
瑞穂酒造

イメージ写真、およびボトル画像は下記のプレスリリースよりダウンロードできます。
プレスリリース

PAGE TOP